タワーブリッジ

今年は夏がないロンドン。気温も毎日20度前後しかありません。でも天気は良いので、テムズ川沿いを散歩しながらロンドンでも象徴的な建物で、観光スポットになっているタワーブリッジに行ってきました。イギリスらしくゴシック洋式の橋。跳ね橋ですが、現在は橋が上げられる事はめったにありません。めったにとは聞いていますが、実際には全く上がることがないのではないかと思うくらい、上がったという話すら聞いた事がありません。

タワーブリッジからは世界遺産であるロンドン塔が見えます。ロンドン塔は長い間処刑場として使用されていたため、未だに幽霊をみたという話が絶えません。この建物の中には世界最大のダイヤモンドが展示されています。建物の外観は素朴で入場料は少し高いですが、中に入る価値はとてもあります。写真の右側に見える、きゅうりの様な建物は2000年にミレニアム記念で建てられたビル。中には保険会社がはいっています。その建物の付近はシティと呼ばれるエリアで金融街になっています。

ちなみに有名な歌で「ロンドン橋落ちた〜♪落ちた♪」のロンドン橋をこの橋と間違える人が結構いますが、ロンドン橋はもっと素朴な橋。という私も、先日友達との待ち合わせで間違えてタワーブリッジに行ってしまいました。左下の写真がそのロンドン橋。なんてことのないふつうな大きな橋です。

Lily-Aska
Posted by on 10:01 am. Filed under ロンドン. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*