ハンバーガー作り

Yahoo Japan をみていたら、ビックマックのソースの作り方がYoutubeに落ちているという事で、実行してみる事に。
必要な物はマヨネーズ、ピクルスソース、マスタード、パプリカ、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、ワインビネガー。家にないの物も結構あったので、近くの大手スーパーテスコに行って、ソースに必要な材料と肉、パンを購入。更にポテトフライも作る事にし、必要なものは味を付ける為の砂糖とコーンシロップ(?!)という事。コーンシロップを探すが見つからない。グーグルでコーンシロップを検索してみると、コーンシロップはアメリカ英語でイギリスではゴールデンシロップというらしい。ゴールデンシロップなら知っているという事で、見つけ出し購入。

ハンバーガー用のパンはどこのスーパーでも売っているし、ピクルスなどの材料は日本と異なり比較的に簡単に手に入りました。

さて、まずは手間のかかるポテトから調理開始。マクドナルドには長い間行ってないけど、記憶にある限りあの癖になる味は砂糖とシロップからだったのか。しかも、それを油であげるのってかなり体に悪そう。と思いつつ調理。冷凍庫に入れたり、一度揚げて、取り出しまた揚げる。結構めんどくさい。

次のソース作り。なんか、相方いわくマクドナルドのより色が濃い。と言っていたが味が良ければそれで良し。オニオンをみじん切りに、レタスを千切りに。肉を焼きチーズをのっけて、パンをトースト。それを重ね合わせて完了!

味の感想としては、ポテトがおいしい。マクドナルドのよりもおいしかったです。しかし、材料を考えると「滅多に作りたくないな。」と思う。砂糖を揚げるのってカロリー倍増で体にかなり悪そう。ハンバーガーの方は、おいしい。しかし、よくよく考えると、マクドナルドと同じようにする必要なく、レタスの千切りは食べている途中崩れるのでふうつうに切らないでいれる方がおすすめ。食べにくいので2段にする必要もなし。だけど、このソースを使って高級風ハンバーガーが作れるのと言う事に気づいた。目玉焼きや、アボガドを入れる事をお勧めします。

今回は作らなかったけど、更にオレオミルクシェイクなどを同時に作れば、外食レベル。おすすめです。イギリスにはないテリヤキバーガーのレシピとか見つけてこっちの人達に試してもらいたいなぁ。とおもってます。

 

 

 

 

 

 

使用したソース達。ちょっと台所散らかってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これがソース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライドポテト完成!

 

 

 

 

 

 

 

レタスが飛び出てしまったバーガー。形は悪かったけど味は良かったです。

 

 

Lily-Aska
Posted by on 3:14 pm. Filed under 日常. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*