ロンドンレストラン事情ーインド料理

イギリスのご飯はまずい!ってよく言いますが、すべてがそんなではないです。特にロンドンはインターナショナルな都市なので、様々な国のレストランがあります。その中でも特に多いのが、インド料理。やはりインドからの移民が多いからでしょうか、レストランからテイクアウェイ(持ち帰り専門のレストラン)両方のタイプのインド料理をみかけます。もちろん,本場の味がロンドンで味わえます。
たしかにロンドンでは、おいしくないレストランも結構ありますが、インド料理はハズレがなくどこで食べてもおいしいです。ロンドンでのレストランでの問題点は、いくら高いレストランに行ったからと言って、その食事がおいしいとは限らないという事。残念ながら「え!こんなに高くて、こんなひどい味?!」という不運もたまにあります。でも、最近ではそれも改善つつあるのでご安心を。

インド料理のレストランではフランス人も多かったので、(フランス人は基本的に辛い料理が苦手)スパイスの聞いた料理はさけTalisと Byrianisという、ミントヨーグルトソースなどの甘いソースの料理をオーダーし(写真下)、ラッシーというヨーグルトドリンクを頼みました。レストランではみんなで、韓国料理や日本料理の違い、フランス人がカタツムリ(エスカルゴ)を食べる事について、(これはなぜかいつも、フランス人がいればかならず話題になります。)様々な国の料理について話し合いました。

みんなで、集まってご飯を食べて過ごすまったりした週末でした。

オーダーした料理

Lily-Aska
Posted by on 11:28 pm. Filed under 日常. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*