• English
  • French
  • Spanish
  • Italian
  • Portuguese
  • German
  • Polish
  • Russian
  • Turkish
  • Chinese
  • Japanese
  • Korean
  • Arabic

ハンバーガー作り

日常 | Yahoo Japan をみていたら、ビックマックのソースの作り方がYoutubeに落ちているという事で、実行してみる事に。 必要な物はマヨネーズ、ピクルスソース、マスタード、パプリカ、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、ワインビネガー。家にないの物も結構あったので、近くの大手スーパーテスコに行って、ソースに必要な材料と肉、パンを購入。更にポテトフライも作る事にし、必要なものは味を付ける為の砂糖とコーンシロップ(?!)という事。コーンシロップを探すが見つからない。グーグルでコーンシロップを検索してみると、コーンシロップはアメリカ英語でイギリスではゴールデンシロップというらしい。ゴールデンシロップなら知っているという事で、見つけ出し購入。 ハンバーガー用のパンはどこのスーパーでも売っているし、ピクルスなどの材料は日本と異なり比較的に簡単に手に入りました。 さて、まずは手間のかかるポテトから調理開始。マクドナルドには長い間行ってないけど、記憶にある限りあの癖になる味は砂糖とシロップからだったのか。しかも、それを油であげるのってかなり体に悪そう。と思いつつ調理。冷凍庫に入れたり、一度揚げて、取り出しまた揚げる。結構めんどくさい。 次のソース作り。なんか、相方いわくマクドナルドのより色が濃い。と言っていたが味が良ければそれで良し。オニオンをみじん切りに、レタスを千切りに。肉を焼きチーズをのっけて、パンをトースト。それを重ね合わせて完了! 味の感想としては、ポテトがおいしい。マクドナルドのよりもおいしかったです。しかし、材料を考えると「滅多に作りたくないな。」と思う。砂糖を揚げるのってカロリー倍増で体にかなり悪そう。ハンバーガーの方は、おいしい。しかし、よくよく考えると、マクドナルドと同じようにする必要なく、レタスの千切りは食べている途中崩れるのでふうつうに切らないでいれる方がおすすめ。食べにくいので2段にする必要もなし。だけど、このソースを使って高級風ハンバーガーが作れるのと言う事に気づいた。目玉焼きや、アボガドを入れる事をお勧めします。 今回は作らなかったけど、更にオレオミルクシェイクなどを同時に作れば、外食レベル。おすすめです。イギリスにはないテリヤキバーガーのレシピとか見つけてこっちの人達に試してもらいたいなぁ。とおもってます。             使用したソース達。ちょっと台所散らかってます。                 これがソース                   フライドポテト完成!               レタスが飛び出てしまったバーガー。形は悪かったけど味は良かったです。    


ロンドンの公園

ロンドン | ロンドンには東京都異なり、市の真ん中に大きな公園がいくつかあり、緑に囲まれています。日本でも有名なのはレージェンツパークで、中学1年の時学校の教科書に出てきたのを覚えています。リージェントパークはロンドンでも一番大きく、公園内は運河があります。 その他にも、ハイドパーク、グリーンパーク、セントジェームスパークなど大きな公園が市の真ん中にいくつかあります。ちょっと中心から出ると、バタシーパーク、ハムステッドヒースなどその他にもたくさんの公園があります。4、5月くらいから秋の始めまでピクニックに行く人が増えます。特にヨーロッパはアジアと異なり、日焼けした体が健康的にみえるという考え方が未だに続いているので、公園では日焼けの為にビキニを着た女の子達、トップレスの男の子達が増えます。(笑)こっちにきて、初めて公園でビキニを来ている人を見ました。日本ではまず、いませんよね。 私も今期2階程ピクニックに行きました。しかし、2回目でひどい花粉症に襲われその後ピクニック恐怖症に。日本のようにスギや檜ではなく、こちらでは芝生の花粉症が一般的なのです。それは置いておき、ピクニックではサンドイッチを持参したり、私の場合は近くのスーパーで事前に買い込んでからピクニックに行きます。1回目は5月にリージェントパークでダラダラと友達同士で話したり、プラプラ散歩したり。2回目はロンドンの中心から離れたバタシーパークで、『ボール』というゲームを大勢でしました。このゲーム、フランス南部でとても盛んなゲームらしいのですが、小さなボールをまず始めに投げそれを目がけて、500グラムくらいあるボールを3つなげ一番小さなボールに近いボールを投げた方が勝ちというゲーム。大きなボールが重いので、意外に長くボールが転がってしまったり、結構難しいので面白かったです。 なりよりも、公園でみんなで遊んだり、時間を忘れてのんびり過ごす事が楽しいです。東京では大きな公園があちらこちらにないので、以前働いていた会社のアメリカ人上司ががっかりしていました。特に仕事の昼休みに、ちょっと公園でランチ、とかできるのが良いです。学校が終わった後で、友達と行くのもおすすめです。ハイドパークやリージェントパーク内ではボートにも乗れるので、それもおすすめです。自然が身近にあるって良い事ですよね。             リージェントパークにて大量のおかしと、いちご             公園にいる人達をパチり。日本人もたくさん見かけました。                 ボールというゲーム。バタシーパークにて。               バタシーパークでのくつろぎの一時。


オリンピック真っ最中

イベント | オリンピック真っ最中なのに、ロンドンを抜け出しフランスのコルシカ島でホリデーを過ごしています。青い海に山、川と自然がたくさんあってとても落ち着きます。 でも、ここではロンドンリポートを書いて行かなくてはいけないので、先日観に行ったバレーボールについて。 今回のオリンピックで驚いたのはゲームが始まるのが夜7時という事。イメージ的にほとんどのスポーツは日中行われると思っていたので驚きました。でも、働いている人達には良いですよね。 場所はロンドンの西アールズコートにある会場。ゲームは2試合あり、まずはアルゼンチン対ブルガリア。実は試合直前まで女子の試合だと勘違いしていて、男子選手入場にビックリ。チケットを取ったのは私ではなかった為まかっせきりでした。(苦笑) 中学の時、一応バレーボール部に入っていた為(殆ど練習にはでていなかった)、好きなスポーツの一つ。でも、プロの試合を観るのは今回が初めてでした。 男子のバレーボールはスピードがあり楽しいですね。しかもアルゼンチンチームはかっこいい人達が多かったです。なので私はアルゼンチンの応援。そういう理由でアルゼンチンを応援しているイギリス人や他の国の人達は多かった。w ブルガリア対アルゼンチンの試合は3−1でアルゼンチンの勝ち。会場内はアルゼンチン人よりもブルガリア人で溢れ、アルゼンチンチームがサーブのときは会場のブーイング。それにも負けずアルゼンチンの勝利。かっこよかったです。 30分くらい間があり、次の試合はブラジル対ルーマニア。なんと会場の半分以上がブラジル人。ルーマニア人は10人いるかいないか。ルーマニアにとっては完全にアウェイの試合となってしまいました。会場はブラジル人達で大盛り上がり。最初はブラジルが1ポイント獲得、その次に2連続でルーマニア。このまま、ルーマニアが勝つと思いきや、ブラジルがポイントをとり、5セットに持ち込み!この時点で0時過ぎ。その次の日の朝5時には空港に着いてなくては行けなかった私は帰るか悩むが、あまりの試合の熱さに会場に残る事を決意。結局最終的にはブラジルが勝ちました。すごく楽しい試合でした。 試合終了とともにダッシュで会場を出て(既に1時)家に戻りパッキングし、そのまま空港に行きました。 残念ながら女子サッカー、銀メダルでしたね。コベントリーにも日本対スウェーデンの試合を観に行きました。 私の周りは最初はオリンピックにあまり興味なさそうでしたが、直前になりみんなチケットを取り観に行きだしました。会社から貰ったという友人も多かったです。イギリス、ヨーロッパオリンピックで大盛り上がり。日本はどうなんでしょうか?             試合開始前の会場の雰囲気             アルゼンチン対ルーマニア                 ブラジル対ルーマニア               試合中の会場の雰囲気  


オリンピックサイト

ロンドン | いよいよロンドンオリンピック開始しました。開会式を観ながら書いています。 先週末オリンピック会場がある場所ストラットフォードまで行ってきました。 そこまで行く予定はなかったのですが、観に行く試合、バレーボールと女子差カーのチケットに不備があったので、行ってきました。 行ってきて良かったです!ずっとここ数年ロンドンはオリンピックに向けて、話題が常に上がっていましたが、逆に始まる!という実感が湧かなかったのですが、観てついに始まるんだ。と実感しました。 オリンピックサイトをオリンピック前に観るのも生まれて初めてで、今回本当にロンドンにいてオリンピックを味わう事が出来て嬉しいです。 さて、今回はどんなドラマがみれるでしょうか? 帰りにたまたまロンドンブリッジを車で通ったので、オリンピックマークをパチリ。                                                


ユーロ2012

イベント | ユーロ2012サッカーの試合のまっただ中です。この試合は4年に1度行われ今回はポーランドで開催されています。グループ対抗戦は終了し既に、本戦にはいっています。 今日はフランス対スペインの試合でした。残念ながら私が応援していたフランスは今日負けてしまいました。 明日はイングランド対イタリアです。きっと盛り上がる事でしょう。 サッカーはイギリスではフットボールと呼ばれ、国民の間で一番親しまれているスポーツです。(アメリカ英語ではサッカーといい、アメリカでフットボールというとアメリカンフットボールを示します。) イギリスではパブに集まりビールを飲みながらサッカーを観ます。みんな、熱狂的に叫んだり、テーブルを叩いたリ、パブの外ではけんかが始まったりかなり大騒ぎになります。ユーロ2012開催中はヨーロッパのすべての国の国旗がパブには張ってあります。 本場でサッカーを観て楽しんでみるのはいかがでしょうか?スタジアムにいかなくても、学校での友達同士でパブ、家に集まってみんなで盛り上がるのは日本と違った楽しさがあります。 その他に実際にロンドンでアマチュアとしてサッカーをしたい方は、アマチュアの国別試合があり、日本チームも存在しています。その他の国は、イングランド、フランス、スペイン、ブラジル、パナマ、ポーランドなど様々な国が集まって試合をしています。日本ではなかなか経験が出来ないことですよね。インターナショナルな環境はとても楽しいです。


ダイアモンド ジュビリー

イベント | イギリスは6月2日〜5日の間、エリザベス女王即位60周年を祝うお祝いが開かれていました。 日曜日はテムズ川にボートが並び王室の人達が勢揃い。やはり目がいくのは昨年ウイリアム王子と結婚したケイトの衣装。シルエットがとても綺麗な真っ赤なドレスでした。 私テレビで少し見ていただで、イギリス人でもないのでパーティもしませんでした。(というか、そういった用意が面倒だった w)、友達の家ではジュビリーBBQや、ティーパーティなどいろいろやる家もあったみたいです。 イギリス人は日本に比べ王家に対するロイヤリティが強いみたいです。日本人からは終戦後消えた意識がこっちの人にはまだ根強く残っている気がします。ロンドン市内は英国の旗で溢れかえっていました。 去年はウイリアム王子の結婚式。今年はジュビリーとイベントが王家のイベントが毎年続いています。なので、来年はついにひ孫が生まれるのかな?!とちょっと期待しています。 その前に、次のロンドンの大イベントはオリンピック!楽しみです! BBCのサイトではジュビリーのダイジェスト映像がみれます。英語も綺麗なイギリス英語なので分かりやすく勉強になると思います。 女王がオープン馬車に乗っている様子 http://www.bbc.co.uk/news/uk-18331678 バッキンガム宮殿での様子 http://www.bbc.co.uk/news/uk-18333746 女王のメッセージ http://www.bbc.co.uk/news/uk-18333998


誕生日

ロンドン | もう5月中旬ですが、2月末に私の誕生日ディナーを友達としました。お店はスローンスクエア駅から続くキングスロードにあるフレンチレストラン。レストラン内は赤と白のチェックでレンガ作り、よく見る典型的なフレンチスタイルです。となりはビビアンウェストウッドのお店。 スターターはエスカルゴ(かたつむり)、サラダ、なんと蛙などから選び、メインディッシュはそれぞれがロブスター やステーキ、そして生の牛肉のステーキ。私はエスカルゴと、生の牛肉のステーキをたべました。エスカルゴは中にニンニクとバーター、ハーブで味付けがしてあり、食べた感触は貝のような感じ。生の牛肉はハーブで味付けして中心に生卵がのっていて、卵と混ぜて食べます。牛肉はマグロのたたきのような味でとてもおいしかったです。 デザートは友人の一人がケーキを用意してくれ、プレゼントにはみんなで仕事が忙しくてジムに行けない私の為に、彼の提案で Wii をプレゼントしてくれました。 最高の誕生日になりました。           エスカルゴ             ロブスター。これもかなりおいしかったみたいです。         これが、牛生肉のステーキ。                 集まってくれた友達です。


イースター

イベント | 先週末はイースターでした。イースターは日本では全くと言っても良い程なじみないと思いますが、キリスト教徒の行事の一つで、毎年4月の始めに金、土、日、月と休みになります。キリストが亡くなってから復活したという事からこの行事があるそうです。 家族で過ごすのイベントで、子供は親から卵形のチョコレートを貰うのが習慣だそうです。その他にはエッグハンティングと言って卵形の小さなチョコレートをあちらこちらに隠し探します。そして、子供達が探します。私も友達がかくして、探してました。チョコレートがあちらこちらにかくしてあって探すのは本当は子供のイベントのはずなのに楽しいです。 他にはホットクロスバンというパンを食べるそうです。ロールパンサイズの四角のパンの中にレーズンやドライフルーツが入っていて、半分に割り、トーストし、バターを塗って食べると、食べるととてもおいしいのです。ホットクロスバンはイースターでなくてもいつでも買う事が出来るので是非食べてみてください。 ホットクロスバン             大人だけどエッグハンティング中(笑)


イギリスのパブ料理(ロースト)

ロンドン | 日常 | イギリスの料理ってそこまでまずくない!って思っていたのですが、やはりファーストフード系でちょっと汚そうなレストランに行くと、例えば、フィッシュ・アンド・チップスとか油ギタギタで食べれないよ。というようなものをけっこうたくさんのイギリス人が好んで食べているんですね。 スーパーの電子レンジでチンするだけって、料理も当たり外れがある事に最近気がつきました。 でも、伝統的な落ちついたパブでは油ギトギトではなく、伝統的なイギリス料理が食べれます。特にイギリスで有名なのはローストした肉、ローストビーフ、ラム、ポーク、チキンにヨークシャプディング、マッシュポテト、野菜を添え、その上にグレービーソースをたっぷりかけて、ローストラムには更にミントソースをつけて食べるとおいしいです。ヨークシャプディングはパイのような感じだけど、弾力性のあるパンのような食べ物で歯ごたえが良く、グレービーソースにひたして食べるととてもおいしいです。 よく、こっちでは日曜日はローストを食べる習慣があり、サンデーローストとパブの看板に書いてあります。実際に日曜のパブのランチタイムは家族連れや友達と食事に来ている人達を良く見かけます。 ローストビーフ。一番上に乗っているのがヨークシャプディング ローストラム。写真取らずに待ちきれなくて少しかじってしまいました。


セール

ショッピング | ロンドン | ブログの更新が大幅に出来ませんでした。引っ越しをし、念願の一人暮らしとなったのですが、インターネットを入れるのに1ヶ月以上かかり、その間まったくネットが使えずという日々。日本では考えられませんがイギリスでは結構普通の事。こいうのも当たり前と思い直し生活しています。(不便なものは不便ですが。。) ちょっと前の話題に。クリスマス明けの次の日からイギリスではセールが始まります。安い物からブランド物までが30%〜50%以上、ラッキーだともっと安くなります。特に今は不景気で普段あまり売れないので、目玉商品がたくさん。私はセールが始まる前に欲しい物をチェックし、セールの時に買います。今回(昨年の12月26日)に始まったセールはかなりの売り上げがあったそう。初日にはデパートの前には行列。クリスマス前のショッピングを超える売上になったそう。私は行列まではしませんが、タイミングと観光客があまり行かないデパートなどを狙い、セールに繰り出します。 次のセールは6月末から春夏物のセールです。それまでに、お金貯めておかないと。