Natural History Museum – ロンドン自然史博物館

ロンドン、サウスケンジントンにある自然史博物館をご存知ですか?地下鉄に乗り、South Kensington駅で下車、改札を出て、階段を上らずにすぐに右へ曲がり地下道を案内表時にしたがって歩いて行くとたどり着けます。地図はこのようになっています。もちろん地下道を使わず外に出て歩いて行く事もできます。中は無料で入る事ができます。

ここは、世界最大級の自然史博物館で、地学の事が展示されているレッドゾーン、化石や標本などが展示されていて、触れる事も出来子供から大人まで学ぶ事ができるグリーンゾーン、恐竜の化石や模型が展示され子供にが楽しむ事ができるブルーゾーン、野生生物公園のオレンジゾーンと4つのカテゴリーに別れています。
今回、私はレッドゾーン、グリーンゾーン、ブルーゾーンの3つを回ってきました。

レッドゾーンの地学にはダイヤモンドや天然石などキラキラひかるストーンがたくさん並べられたコーナーから、地層について、更に日本の阪神・淡路大震災を再現し地震の揺れを体感出来るコーナーがありました。イギリスなど地震のない国で育った人達には、貴重な経験ができる場所ですよね。

グリーンゾーンには台所にはどんな虫や動物が住んでいるのか台所とともに再現されていたり、虫、鳥、木の標本が置いてありました。つねに見学しながら学習していくというシステムになっています。普段の生活に沿った身近な事にそっていたりするので、とても興味深いです。(でも、虫はかなり苦手な人には厳しいかも?)

ブルーゾーンは、見学者、子供も大人も関係なく興奮してました。ここにはたくさんの組み立て直された恐竜の化石が並んでいます。実際に動く恐竜の模型もたくさんおいてあり、みんな行列をつくり写真を撮りながらまわってました。恐竜の歴史や生態系を学ぶにはとても良い場所です。

展示物だけでなくこの自然史博物館の建物自身もとても立派な建物で1880年にロマクネス洋式です。中央天井ホールには多くの植物の彫刻がほどこされています。
すべてをの展示物を見て回ろうとすれば、1日はかかります。中にはカフェもあるので、ゆっくり時間をかけて見るのがおすすめですが、時間のない方も是非、恐竜のコーナーだけでも見て回ってみて下さい。この建物の建築様式と恐竜のコーナーはとても価値があります。

Lily-Aska
Posted by on 4:08 pm. Filed under ロンドン. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to Natural History Museum – ロンドン自然史博物館

  1. Earthwind says:

    Now I’m like, well duh! Truly tahunkfl for your help.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*